クスリのアオキが目指す薬剤師像

「近くて便利」なインフラを生かし、地域社会の健康を支える一番身近な「医療人」へ。

さまざまなフィールドで、幅広い経験と薬剤師としての能力を高めるチャンスがあります。

ドラッグストア併設薬局

面分業を主体とし、応需する処方箋パターンは多岐にわたります。ドラッグの圧倒的な集客力により、多くの患者様(お客様)に接する機会があります。薬局では調剤業務に専念しながら、サプリメントやお薬(OTC含む)の飲み合わせや健康全般についてのアドバイスなども行い、門前薬局・病院薬局とは違う、幅広いフィールドで患者様に医療サービスを提供します。

ドラッグストア併設薬局

調剤専門薬局

基幹病院からの高度な医療知識、処方箋への対応、開業医との連携、勉強会によるチーム医療への参画(在宅医療への取組など)も。

調剤専門薬局

在宅医療への取り組み

近隣にあるクリニックと連携し在宅医療に取り組んでいます。実際に患者様のお宅まで訪問し、服薬指導を実施。また、医療機関とカンファレンスを定期的に行い、訪問時に気づいた点をドクターへフィードバックするなど、チーム医療に深く携わります。

在宅医療への取り組み

健康啓発活動への取り組み

石川(金沢・能美・白山・七尾)・富山・福井においてそれぞれ年1回、「ヘルスアップセミナー」と題し、大学病院の教授による生活習慣病・健康についての講演会を実施。健康測定、健康アドバイス、運動指導、健康に関する商品の紹介などのイベントも同時に開催。お客様を無料でご招待し、好評をいただいています。薬剤師も健康相談ブースで健康アドバイスを行います。近年は医療機関側から実施要請をいただくなど、活動への認知度・影響力は高まっています。