赤く燃えるひとINTERVIEW

VOICE 01

人の役に立つことを実感できる毎日。

VOICE 01

人の役に立つことを
実感できる毎日。

(前職務)店舗運営部
(現職務)能力開発室 教育課
ビューティトレーナー

西永 杏子

2016年入社

北陸大学 未来創造学部卒

ABOUT MY WORKSワタシの仕事について

異動のたびに気持ちは一新され、
仲間も増えていく。

入社2年目ですが、次の店長となるために店長業務のフォローを主な業務としています。店舗づくりや発注、レジなどの接客、教育と多岐にわたります。店舗が増えているので今は異動もありますが、新しい環境に移るたびに新しい気持ちになれるので、仕事がマンネリ化することなく常に活き活きと働けています。今のやりがいは、お客様から喜ばれること。他愛のない世間話をするだけでも喜んでいただき、何度も来店してくださります。人の役に立てていると実感できる毎日を過ごしています。
(※この内容は旧所属時のものです)

MY CHALLENGEワタシの挑戦

全体を見る力を養い、
率先して動けるように。

入社してからはじめに挑戦したことは、登録販売者の資格取得です。今ではその知識を活かして働いています。今後の挑戦としては、店長になることを見据えて「全体を見る力」を養っています。年間を通しての全社的な動きを把握しなければならないですし、パートへの気配りなど細かいことも大事です。言われてからやるのではなく率先して動くようにしています。この会社はキャリアアップが早く、仕事もちゃんと評価されます。「これもできたんだ、次はこれをやろう」と褒めてもらえる機会が多いのでやりがいを感じています。

REASONクスリのアオキを選んだ理由

多くの女性社員が活躍しているから、
将来をイメージできた。

大学時代に薬学部の友人に漢方の魅力を聞かされ、クスリに興味を持ったことがきっかけでドラッグストアが就職先候補になりました。そのなかで、クスリのアオキは日常的に利用していましたので印象が良かったですし、女性でも働きやすい環境が決め手でした。店舗には女性が多く、人生の先輩である年上の女性もパートで多く働いていたので、色々な世代の方々と働ける環境は、人として成長できると思いましたし、活躍する女性社員を見て自分の将来をイメージすることができました。

MY PRIVATEワタシのプライベート

平日が休みなので、いつも映画館が空いているので嬉しい。

映画が好きでよく映画館に行きますが、平日は空いているので嬉しいです。あと、10年以上生け花を続けており、今では師範です。やるからには上を目指したいという想いがあり、仕事同様とことん追求していきたいです。

面接では飾らず、
素の自分で挑んでください。

就職活動は不安が多いのでネガティブに考えがちだと思います。もし不安になったら、入社後の楽しみを見つけてください。こんなことができる、と。また、面接では自分を飾らず、素の自分を出した方がいいと思います。特にクスリのアオキはどんな自分でも受け入れてくれる会社です。ちゃんと聞いてくれるので、素直に思ったままを伝えてください。

他のセンパイ社員の声

新卒採用のセンパイたち

中途採用のセンパイたち