赤く燃えるひとINTERVIEW

VOICE 03

働く人を大事にする会社だから、すべてのお客様も大切にできる。

VOICE 03

働く人を大事にする会社だから、
すべてのお客様も大切にできる。

店舗運営部 店長

渡邊 広俊

2015年入社

富山大学 経済学部卒

ABOUT MY WORKSワタシの仕事について

店長がいなくても
質の高いサービスを提供できる店へ。

僕の理想は、店長がいなくてもお客様に満足いただけるサービスを提供できる店であることです。そのため、社員・パートを含めた全従業員の接客レベルを高めるために、従業員教育に力を入れています。一人ひとりのサービスの質を高めることが、お客様の満足度向上につながるため、日々の業務で問題が生じた場合は、ないがしろにするのではなくスピーディーに解決するよう努めています。先頭に立って従業員を引っ張って行く仕事は大変ですが、その分やりがいもあります。理想の店づくりを実現するためには、従業員とともに自身も成長しなければならないと感じています。

MY CHALLENGEワタシの挑戦

店長だからこそ、
あらゆる業務を率先して行います。

挑戦していることは二つ。まず、あらゆる業務を進んでやるということ。作業において好き嫌いや得意不得意はあるものです。だからといって避けるのではなく、何にでも積極的に、そして前向きに取り組むことを大切にしています。レジにも喜んで入りますし、そうした僕の姿を見て、従業員たちも付いてきてほしいと思います。もう一つは、従業員を甘やかさないこと。年上のパートの方や、僕より長く店舗に居る方もいますが、遠慮することなく、お客様と店のためになることはしっかりと指導しています。僕自身も店長になってまだ期間が短いため、学ぶ日々を過ごしているので「毎日が挑戦者」です。

REASONクスリのアオキを選んだ理由

関わるすべての人のことを考える
会社だと実感しました。

小売業に興味があり、その中からドラッグストア業を選びました。多くの会社が「うちに来て欲しい」という姿勢でしたが、クスリのアオキだけは違い、「自分が何をしたいか、何を大切にしたいかをよく考えて決めてほしい」と言われ、本当に人のことを、従業員のことを考えている会社だと思い入社を決意しました。僕は学生時代にアルバイトをしていましたが、待遇がよくなくて苦労した経験がありました。従業員と向き合うこの会社なら、社員もパートも垣根なく働く人全員が幸せになれると感じました。実は別の会社へ就職しようと思っていましたが、踏みとどまってよかったです。

MY PRIVATEワタシのプライベート

猫と戯れることで英気を養います。

僕はインドア派なので、休日は基本的に家にいます。猫と遊んで過ごすことで癒されています。あと、平日の休みが多いので、どこへ出掛けても人が少なく、ゆったりと遊べるのでインドア派の自分には合っています。

自分の人生だから、
自分で決断してほしい。

就職活動をしていると、色々な情報が入ってくるし、親や先生、友人など周りから色々と言われることがあると思います。参考にするのはいいと思うけど、最終的には自分で決断してください。自分は何をやりたいのか。自分は何を大切にしているのか。ときどき、親に言われたからとか、世間の目を気にしたからという理由を聞きます。それが理由であっても、社会に出て働くのは自分自身です。自分の人生なので周りを気にせずに、自分の将来を自分で決めてください。

他のセンパイ社員の声

新卒採用のセンパイたち

中途採用のセンパイたち