赤く燃えるひとINTERVIEW

VOICE 12

店舗改善の課題を見つけ、解決策を探る。

VOICE 12

店舗改善の課題を見つけ、
解決策を探る。

(前職務)店舗運営部
スーパーバイザー

(現職務)商品部 フードグループ バイヤー

黒岩 和幸

2012年入社

長野大学 社会福祉学部卒

ABOUT MY WORKSワタシの仕事について

富山市近郊の13店舗を周り、
円滑な業務遂行を支える。

SVとして富山市を中心としたエリア内の13店舗を受け持ち、教育指導を行っています。週に一度は必ず全店舗をまわります。各店舗では、本部からの指示事項を完遂できているかを確認し、問題点があれば店長や従業員と話し合い、その要因を洗い出して自分で解決をすることもあれば、本部での会議で議題にあげ、解決策を探ります。担当エリア内には社員だけでも40名以上はおり、パート・アルバイトを含めると100名をこえるため、コミュニケーション力が求められます。
(※この内容は旧所属時のものです)

MY CHALLENGEワタシの挑戦

コミュニケーション力を高め、
その人にあった伝え方を。

多くの従業員たちに指示を出す立場のため、どのような伝え方をすればどう反映されるかを学んでいます。たとえば強く言えばどう波及するのかを試みたりしました。対人なので、統一の方法ではできないことに気付き、なるべく多くの人と対話することで人格や個性を理解し、一人ひとりに合わせた伝え方をするようにしています。また、個人的に次のステージとしてバイヤーに興味があるので、数字で店舗改善に貢献したいです。そのため今からエクセルの応用を勉強しています。
(※この内容は旧所属時のものです)

REASONクスリのアオキを選んだ理由

勢いのある、将来性のある会社に
興味を持った。

僕は長野県出身ですが、ちょうど就職活動をはじめるときに実家近くにクスリのアオキが出店しました。どんどん店舗を展開していくので「勢いのある会社だな」と興味を持ちました。会社を調べると、ドラッグストアとしての顔だけでなく、色々と活躍できる部署もあり、自分の将来も開けて行くと思い入社を決意しました。学生時代のアルバイトとして接客業をしていたというのもあるし、ドラッグストアで買物をすることも多かったので、すんなりと自分に合う仕事だと思えました。

MY PRIVATEワタシのプライベート

同期や上司との食事で、モチベーションが上がる。

休日や仕事終わりに、同期や前の店舗の上司たちとご飯に行くことがあります。そこで会社の将来の話や他の部署の仕事内容について聞いたりします。がんばっている人の話を聞くとモチベーションが上がります。

タテもヨコもつながりがある、
温かい会社。

クスリのアオキは人と関わる仕事です。お客様だけでなく、社員間の関わりも深いのが特徴です。前向きな社員ばかりなので、元気をもらえるのも魅力です。タテもヨコもつながりがあるので、本当に温かい会社です。また、様々な部署があるため、もし自分のやりたいことが固まっていなくても、ここなら見つかるはずです。新しいことに挑戦したい方はぜひ、クスリのアオキを選んでください。

他のセンパイ社員の声

新卒採用のセンパイたち

中途採用のセンパイたち