赤く燃えるひとINTERVIEW

VOICE 22

成長企業で、キャリアが明確。人生設計を考えたら、ここだった。

VOICE 22

成長企業で、キャリアが明確。
人生設計を考えたら、ここだった。

商品部
フードグループ
バイヤー

篠田 真彦

2014年入社

北陸大学 法学部卒

ABOUT MY WORKSワタシの仕事について

自分の選んだ商品が、
400店舗以上に波及していく。

フードグループのバイヤーとして、店頭で販売する商品の仕入れを行っています。定期商談や展示会などに足を運び商品の選定を行っています。出張も多く、メーカーの本社へ訪問し商品や取り組みについて話し合います。定番の棚割り作成や月ごとのプロモーション売場作成など、商品をどのように展開するかを考えています。お客様から支持されたかどうかは数字で明確になります。自分が仕入れた商品が400店舗以上に波及するので責任の大きな仕事ですが、責任の大きさはやりがいの大きさでもあります。

MY CHALLENGEワタシの挑戦

「お客様の快適な買い物環境とは」
を考え続ける。

商品を買い付けするバイヤーとしてお客様が何を求めているか、クスリのアオキでの買い物でより満足感を感じていただけるにはどうしたらよいかを商品軸で考えています。オーバーストアの中では快適さというのはお客様が買い物をする店選びの中で重要な要素の一つであると考えるからです。常に店舗で働く方との会話や、商談の中でそれにつながるヒントを探しています。日々変化するお客様のニーズに対してアンテナを張り、「快適な買い物環境=便利なお店」に改良し続けることが私の挑戦です。

REASONクスリのアオキを選んだ理由

キャリアプランが明確で、
人生設計が立てやすかった。

30歳を迎えた頃に、より大きなステージで仕事がしたいと転職を決意しました。成長著しいクスリのアオキに興味を持ち、話を聞いていると「人を大事にする社風」が伝わり、「健康と美と衛生を通して社会に貢献する」という理念にも共感しました。キャリアプランも明確で、人生設計が鮮明にイメージできました。入社して以来、会社の成長には常に刺激を感じています。着実ながらもスピード感ある決断と大胆な目標の設定など、挑戦する環境はいくらでもあると感じています。

MY PRIVATEワタシのプライベート

デスクワークが中心だから、休日は体を動かす。

本社勤務なので土日が休みです。最近はスノーボードをしたり、ジョギングもはじめました。普段はデスクワークが多いので、運動をするようにしています。体が資本なのでもっと健康に気遣いたいです。

若手が登用される環境があるから、
チャンスが多く成長が早い。

クスリのアオキは自分のやったことが成長につながる会社です。努力が成果に出るので報われますし、次のポストにもつながります。僕自身、入社してから常に成長しつづけていると断言できます。組織の活性化のため、若手が登用される環境があり、能力以上の仕事を与えてくれるので、いい意味で負荷があり成長が早いと言えます。ここは成長意欲のある人が活躍できる会社です。

他のセンパイ社員の声

新卒採用のセンパイたち

中途採用のセンパイたち