赤く燃えるひとINTERVIEW

VOICE 29

チャレンジングな企業文化。

VOICE 29

チャレンジングな企業文化。

商品部
ビューティグループ
バイヤー

佐々木 亮

2004年入社

龍谷大学 経営学部卒

ABOUT MY WORKSワタシの仕事について

いかにお客様のニーズに
応えられるか。

私はシャンプーやヘアカラー、メンズ化粧品のカテゴリーを担当しています。世の中にはたくさんの魅力的な商品がありますが、店頭のスペースは限られています。ですのでその中からいかにお客様の悩み、ニーズ、トレンドなどを考慮し、品ぞろえや価格を決定、提案することが重要と考えています。また、バイヤーの魅力は様々な取引先様との関係構築です。当然商談時は意見をぶつけ合ったりするのですが、お店を良くしたい、良い商品をお客様へ提案したい、という気持ちは同じなので、そこでのお互いを尊重しあえる関係や出会いは今後の人生においても貴重な経験だと感じています。

MY CHALLENGEワタシの挑戦

挑戦と経験が糧に。

バイヤー職の前は、物流やIT分野に関わる部署にいました。その時も知識経験ともにゼロからのスタートでしたが、同僚や取引先にも助けられ、なんとかこなしていました。バイヤーに配属になった当初も苦労はありましたが過去の経験値や人脈が今の仕事にもつながっています。現職務においては、目まぐるしく変わるトレンドやお客様の志向を察知し、売場提案をすることが日々の挑戦です。

REASONクスリのアオキを選んだ理由

企業理念に共感。

地元の企業に再就職しようと考え、当社のホームページをみた際、「健康と美と衛生を通じて地域社会に貢献」という企業理念に共感したことが再就職を決めたきっかけです。もちろん学生のころから利用していたドラッグストアだったので、その安心感、親近感もありました。

MY PRIVATEワタシのプライベート

仕事以外の関心ごとに集中。

インドアなので休日はネットや読書などをしてのんびり過ごしています。最近は政治に関心を持ち始めたので国政関連のニュースなどを読んで幅広い知識を得るようにしています。

チャレンジングな企業文化。

任せてもらえる、ポジションに関係なく意見を言える、というのは当社のポジティブな文化だと思います。私も入社当初は正直驚きました。ただし、上司がサポートしてくれる体制が整っており、やりがいと安心感をバランスよく取り組むことができます。また、年齢や経験に関係なくキャリアマネジメントを考える姿勢は特に上昇意識を持っている若い人にとって、働き甲斐のある会社だと思います。

他のセンパイ社員の声

新卒採用のセンパイたち

中途採用のセンパイたち