1. 薬剤師が能力を発揮できる職場

薬剤師が能力を発揮できる職場

各スタッフが専門性を尊重し連携して協力

薬剤師は、職能を生かした本来の業務に集中すべき。
これを実現するために、クスリのアオキでは長い時間をかけて薬局運営の仕組みを構築してきました。
今ではすべての薬局に医療事務スタッフが常駐し、受付、レジ対応、在庫管理、レセプト業務、棚卸業務など、一連の事務作業は医療事務が担当することで、薬剤師本来の業務に集中できる完全な分業が確立されています。

各スタッフが専門性を尊重し連携して協力

薬局を支える医療事務スタッフ

受付をはじめとした患者様への応対や待合室の整理整頓はもちろん、レセプト業務や在庫管理などあらゆる業務を担当し、薬剤師が仕事に集中するための環境作りは欠かせない存在です。入社後にしっかりと研修を受け、各薬局に配属されます。最近では、薬局長として全体のマネジメントを担当する医療事務も誕生しています。

分離申請

全薬局ともドラッグストアとは別々に開設申請をしているため、ドラッグストアとは営業時間が違います。ほとんどの薬局の開局時間は9時~18時または9時~19時で、薬剤師の所定勤務時間は開局時間内の実働8時間以内です。