「クスリのアオキ」センパイ社員の紹介 PEOPLE’S VOICE

薬剤師の未来を考えて転職。
いつしか自身の成長を越えて、
会社の成長に関わる課長職に。

薬剤師の未来を考えて転職。
いつしか自身の成長を越えて、
会社の成長に関わる課長職に。

保泉 和也

  • 調剤運営課長
  • 2017年入社
  • 城西大学 卒業
  • 本社 調剤事業部 調剤運営課配属

これからの薬剤師の役割を考え、
調剤薬局からドラッグストアへ転職。

転職を考えたきっかけは、薬価改定の影響で薬剤師の求められる役割や働き方が変わると感じたからです。前職も薬局で薬剤師をしていましたが、薬局長やスーパーバイザーなどへのキャリアアップが期待できない調剤薬局でした。薬剤師としての人生を考えたときに、調剤専門では限界があるため、ドラッグストアへの転職を視野に入れました。名の知れたいくつものドラッグストアを検討した中で、成長著しいクスリのアオキの存在は輝いてみえました。新規エリアに展開していたので即戦力が求められるだろうと思って応募したところ、すぐにレスポンスがあり、面接後の対応も非常に親切でした。会社として大きいのに対応が早い。ここなら大事にしてくれそうだと思い入社を決意しました。

求めていた以上の
スピーディなキャリアアップ

クスリのアオキに入って感じたのは、売り場があることは便利だということ。OTC医薬品や健康食品に加えて生鮮食品も揃い、自分のフィールドが広がりました。取り扱う商品の種類も豊富で、おむつ一つでもこんなに種類があるのかと。前職との違いとして、会社の風土も挙げられます。風通しが良く、上長と話す機会も多く、スーパーバイザーも親身になって話を聞いてくれます。現場の声を丁寧に吸い上げて次の週にはしかるべき対応をしてくれました。また、キャリアアップのスピードも驚きました。私は入社1ヶ月で薬局長となり、一年後には念願のスーパーバイザーとして関東エリアを任されました。その後、課長職となり、まさにとんとん拍子。「早くないですか?」と人事に言いましたが、チャンスを貰えたので結果につながるよう挑戦している最中です。

目標達成に向けた戦略を
立案する川上の仕事。

課長としての仕事は「仕組み」を作ること。現場からの意見を吸い上げ、課題克服や目標達成に向けた戦略を立案します。これまでの業務は誰かが決めてくれた方針に対して100%結果を出せばいい仕事でしたが、今は川上の仕事です。仕組みを考え、どうすれば従業員たちに取り組んでもらえるかを考えないといけません。例えば問題が生じた際にそれが薬局長の怠慢なのかシステムに不備があるのか、または別の原因なのかを精査し、スピーディーに対策を提案しなければいけません。戦略を立てますが、実行するのは人です。運営課の課長として最大限のパフォーマンスを上げるためには、現場の人たちとのコミュニケーションが大切です。言葉と行動で示し、一丸となることで地域のかかりつけ薬局としての価値を高めていきたいです。

MESSAGE

自分の感覚、
フィーリングを信じよう。

会社選びの基本は、実際に見て、話をすること。クスリのアオキはインターンシップや見学会があるので、ぜひ活用してください。自分の感覚はフィーリングで合うかどうかが大事です。好きな要素はたくさんあると思うので、この会社は嫌いになれないと思える要素があるかどうかの視点で見るのもいいかも知れません。