「クスリのアオキ」センパイ社員の紹介 PEOPLE’S VOICE

地域の人たちから信頼される
「かかりつけ薬剤師」を
目指して。

地域の人たちから信頼される
「かかりつけ薬剤師」を
目指して。

吉田 祐樹

  • 一般薬剤師
  • 2020年入社
  • 摂南大学 卒業
  • 神照店配属

最初の窓口になりたくて
ドラッグストアを選択。

薬剤師として働く上で、はじめは調剤専門薬局や病院を考えていましたが、患者様の最初の窓口になりたいと思い、ドラッグストアへの就職を目指しました。例えば病気かもしれないと感じた時に、OTC医薬品で対応される方や病院へ行く方がいますが、まずはドラッグストアの薬剤師に相談に来てもらえるようになって欲しいと思います。地域に密着したクスリのアオキはそうした環境が整っていると感じました。また、企業の将来性もあり、若い社員が次々とキャリアアップしている姿を見て、自分も成長できる会社だと確信を持って選びました。

地域での存在感が絶大。
お客様からの信頼に応えたい。

大阪出身なのでクスリのアオキは身近な存在ではなく、就職活動をはじめてから知りました。石川県内のドラッグストアで実際に働いて気付いたのは、地域での存在感の大きさ。病院に行く前にまずはクスリのアオキへ行く、ということが根付いており、それだけ信頼されているのだと感じました。まだ入社一年目ですがよくお客様から相談されます。水虫で悩むお客様の話を聞いて、ある商品をおすすめしました。後日、そのお客様から「よかった」と感謝され、適切なアドバイスができているのだとほっとしました。日々の業務でお客様と関わる機会が多いので、クスリのアオキの一員としてのやりがいを実感できています。

薬剤師として成長できる
研修制度が充実。

クスリのアオキに入社してよかったと思うことの一つに、研修制度の充実が挙げられます。1年目はまず半年間、併設薬局で調剤研修、その後の半年は店舗でのドラッグ研修に入ります。その間、新人研修は一年を通して行われ、ハピコム研修やOTC勉強会も実施されています。社会人としての基本、薬剤師としての素養、お客様対応、さらには個々の商品特性など幅広く学ぶ機会が用意されています。とはいえ、薬剤師は個人での勉強も必要と感じています。数多くの処方箋を経験することは大事ですが、個人的には一枚の処方箋でも勉強になります。一つ一つの処方箋と向き合い、一人ひとりのお客様との関わりを大切にしていきたいです。

MESSAGE

会社を体感することで、
本当の良さがわかります!

就職活動で重要なのは、会社を知ること。ホームページなどを通して色々な情報は入手できますが、自分の肌で感じることが大切です。クスリのアオキは積極的にインターンシップを開いているので、まずは体感してみてください。また、会社の将来性という観点で見ても、急成長を継続しており事業を広げています。今後も新しいポジションが生まれてくるので、若手もどんどん挑戦できる会社です。やりたいことがある人はもちろん、やりたいことを見つけたい人にも最適な環境があります。