「クスリのアオキ」センパイ社員の紹介 PEOPLE’S VOICE

誰からも気軽に話しかけられる
「一番敷居の低い薬剤師」
になりたい。

誰からも気軽に話しかけられる
「一番敷居の低い薬剤師」
になりたい。

田中 くるみ

  • 一般薬剤師
  • 2020年入社
  • 星薬科大学 卒業
  • 藤江店配属

薬剤師の資格を生かしながら
接客もできるドラッグストアを選択。

高校生の頃は医療関係の仕事に憧れがあり、研究者になりたいという漠然とした想いがありました。薬剤師志望ではありませんでしたが、「薬剤師はいい仕事だよ」と母の勧めで興味を持ち、理系が得意だったということもあって薬科大学へ進学しました。在学中のアルバイトで接客業の楽しさを知り、薬剤師の資格と接客の仕事、両方を活かせる職場に就きたいを考えた結果、ドラッグストアで働こうと決めました。

活気のあるクスリのアオキなら
楽しく働けると実感。

クスリのアオキの存在を知ったのは、就職活動をはじめて一年が過ぎた頃でした。最初は関東に本社を構える大手企業ばかりを探していましたが、なかなか自分に合った企業が見つからず。どうしようかと悩んでいたときに、エリアを広げて調べて出会ったのがクスリのアオキでした。1日だけのインターンシップ募集を見つけ、期限間際に申し込んだにも関わらず親切に対応してくれたので好印象でした。インターンシップではどんな質問にも真摯に答えてくれたのを覚えています。その後、金沢にある店舗を見学し、現場の社員は若い方が多く、誰もが笑顔で働いている姿を見てここでなら楽しく働けると実感。若くてもチャンスをもらえると聞き、経験を積みながら成長できると思い入社を決意しました。

多くの人に安心を届ける、
「一番敷居の低い薬剤師」が理想。

誰一人知り合いのいない地域での就職でしたが、クスリのアオキは優しい人が多いので快適に働けています。また、一年目から採用リクルーターを担当させてもらえるなど、成長できる機会を与えてくれるのは入社前に聞いていた通りでした。
実際に薬剤師の仕事をはじめて、自分は知らないことが多すぎると気付きました。薬剤師としてお客様から信頼していただくために知識は必須です。勉強は苦手でしたが、入社してから率先して勉強をするようになり、いろいろな資格に挑戦しようと考えています。私の理想は「一番敷居の低い薬剤師」になること。薬剤師だから偉そうにするのではなく、誰もが気軽に接することができる薬剤師になることで、多くの人たちの豊かな暮らしに貢献したいです。

MESSAGE

ここは、やりたいことが
見つけられる場所です。

入社してからの数年間に得られる経験・知識は大事だと思うので、もし迷っているならクスリのアオキは薬剤師としての一歩を踏み出して後悔しない会社だと思うのでぜひ挑戦してほしいです。研修も充実していますし、定期的にスーパーバイザーとも会えるので相談しやすい環境も整っています。ドラッグストアという枠を超えた活動をしているので、やりたいことが見つけられやすい会社でもあります。