「クスリのアオキ」センパイ社員の紹介 PEOPLE’S VOICE

小さな経営者として
薬局の運営管理を任せてもらえる
やりがいと喜びがあります。

小さな経営者として
薬局の運営管理を任せてもらえる
やりがいと喜びがあります。

高橋 圭代

  • 薬局長
  • 2016年入社
  • 立命館大学 卒業
  • 〈2018 年〉クスリのアオキ北方中央薬局配属

信頼できる「薬局づくり」を
実現するために。

薬局長の仕事は、主に薬局のマネジメントと人材育成です。月に一度行われる薬局長会議で必要な知識の習得や他の薬局長との意見交換を行っています。そこで得た情報などを薬局スタッフに確実にフィードバックすることで、薬局のスムーズな運営、人材育成に役立てています。薬局長の仕事は新人薬剤師のサポートだけではありません。医療事務の方も含めてもしっかりと教育することが、お客様から信頼される薬局づくりのために重要です。また薬局のマネジメントだけでなく、私自身も薬剤師なので、処方箋にそった調剤や第一類医薬品の販売も行っています。

小さな経営者として、
目標達成を目指す。

入社時からずっと薬局長になりたいと言い続けていたので、入社2年目で任せてもらえました。薬剤師の頃はお客様から「ありがとう」と言われることが一番嬉しかったです。薬局長となり、やりがいはさらに大きくなりました。経営者のような感覚で薬局を任せてもらえるため、取り組んだことに対する結果がそのまま自分の評価につながります。クスリのアオキは株式会社なので、予算や売上げ目標なども当然あります。目標を達成するためには薬局全体をきちんと管理しながらも、常に先手で取り組んで行くことが大事です。

幅広い提案で、
お客様とより深く関われる。

ドラッグストア併設なので、処方された薬以外の相談にものることもあります。お客様と会話をしていると、病院に行くほどでもないけど、体調やお薬のことで悩みを抱えているというケースが多々あります。ドラッグストア併設薬局の場合、医薬品だけでなく、さまざまな健康関連の器具・食品が揃っているので、ひとりひとりのライフスタイルやニーズに合わせて幅広い提案ができます。また、地域に密着した店舗運営をしていますので、顔見知りのお客様・患者様も増え、回を重ねる毎に信頼関係が築かれていくことが実感できます。これは病院なかなか難しいことことですし、ドラッグストアを含めて、取り扱う商品が豊富なクスリのアオキならではの魅力だと思います。

MESSAGE

地域に根付いた
薬剤師を目指して

私は、お客様としっかりコミュニケーションをとりながら対応のできるドラッグ薬剤師を志望し、クスリのアオキを選びました。人口減少・高齢化の進むこれからの日本社会では、患者様ひとりひとりの細かな状況やニーズに対応できる、「地域に根ざした薬剤師」はますます必要になってくると思います。、また、地域に根ざした薬剤師の業務は、多くのお客様・患者様から信頼される仕事なので、非常にやりがいもあります。さらにクスリのアオキは店舗数も社員数も多く、相談できる仲間がたくさんいます。働いて3年目ですが、人間関係で悩んだことは一度もありません!風通しの良い会社なので、和気あいあいと楽しみながら仕事ができる職場を希望される方は、ぜひ一緒に働きましょう。